テーマ:大相撲

tomorrow is

知らぬ間に秋が来ていました。 ネガティブな日馬富士ファンの心境: 3横綱休場だなんてファーッ 日馬富士だって満身創痍なのに。 それでも頑張って出てるのに。 勢いのある若手がいっぱい…こわやこわや ポジティブな日馬富士ファンの心境: 場所前、調子よかったらしいで。 これは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガチとは

本陽気にはもう少し。 長いこと相撲を見ていると、今の取組はガチだったかそうじゃなかったかというのが何となく分かってきたりします。 生活がかかっているし、守りたい地位もある。 どうしても勝ちたい気持ちがあるし、情が入ることもある。 そういうのを含めての大相撲だと、最近はそう思って見ています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒーロー

稀勢の里、ついに優勝 祝!初優勝 耐えて、忍んで、努力して。食べて、祈って、恋をして 横綱になるのかぁ。 そうかぁ。 な一日。 よかったなぁ。 という気持ちよりも、これから大変だなぁという気持ちの方が強いです。これは親心なのか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑門

おしゃべり度でいうと、天ちゃん>豪風なのだろうか。 笑えない時だってあるじゃないか。 稀勢の里、顔戻っとるがな。 な、初場所。 口角下がり率80%。 「笑えよ。」のホラ吹きお坊ちゃまが、車いすで漫才されていてちょっぴりショックを受けたお正月でした。 久々に見たもんだから。月日が流れているこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いっても

まだ木曜日だから。 秋分の日。 秋場所、勝負はこれからです。 日馬富士敗けちゃったけど。嗚呼ー雨 しかし、まだアイツとオレの戦いもあるし。 横綱・大関戦。 鶴竜が鍵を握るんではないだろうか。 と、偉そうに言ってはいるが、 小生の予想は、初日からことごとく外れてる。 予想する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一富士

昨晩、日馬富士が夢に出てきたから、今年はいい年になるのではないだろうか ついでに誉ちゃんとマツコも出てきたから最強じゃないですか。 富士だけに もう9月だっていうけども。 ちなみに。 大きな色紙を持って横綱にサインを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頑を張らず

横綱といえば、千代の富士。 若貴ブーム全盛期の子供の頃から、そのイメージは変わらない。 雄々しく筋骨隆々の肉体美。 圧倒的な相撲の強さ。 徹底した力の持ち主に見えた。 現在の、魅力あふれる小兵力士・関取を見ても、あんな筋肉を纏った身体の人はいない。 スゴい筋肉ついてきたなぁと思う最近の出羽疾風などでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は誰でしょうのコーナー 宵山ですね ヨーヨーに心躍っていいのはいくつまでしょうか。 暑い尾張の名古屋場所。 一敗で並ぶ大関・横綱それぞれのファンの心持ち。 白鵬ファン:1000勝へのカウントダウン。 キセファン: 早くも一敗…(その直後)白鵬も敗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝負師

大相撲の断髪式には、少し言葉に語弊があるかもしれないけど、武士の切腹に似た寂しさがあるように思う。 もちろん、新たな門出の日であることに違いはない。 とにかく、若の里先生のinstagramを見て朝の5時にも関わらず涙がこぼれてしまったのです。 決して情緒が不安定なわけではない(と思う。) 梅雨入りによる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見方

あぁゝ霧島だ懐かしいなぁ。 荒木だって年をとる。(大輔さんの方) 霧島だって年を取るんだから。 でも霧島、そんなに変わってない。なくゝゝゝゝゝなーい… 若いもの。 愛煙家ってホンマかいなってくらい。 そして若干斜め、対面解説。新鮮やな。 子供の頃にTVで見てた霧島は、全盛期に比べとるもう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沈黙は金

スカイツリーはまだ本気を出してないと言っていた数年前。 しかし、彼の魅力はむしろ昼だと思うのです。薄暮前。 空色といえば。 高安のおにゅー←の廻し、自分は好きです。 でも、淡い色はすぐに色が褪せてくると勝昭は言っていた。 確かに。そこは残念やね。綺麗な色なのに。 横綱相撲だとか、場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相撲の神様とは。 不甲斐ないプレーの度、大阪の酷い野次を浴びる阪神の選手は、横綱よりメンタルが鍛えられているのかもしれません。 「燃えるのでもっと野次ってください。」とMっ気を出して言うもよし、「コノヤロー!」と噛みついてみるもよし。 中日戦、まずは2連勝☆☆ アニキの言葉は前向きで聞いてて心地いい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気力勝負

プロ野球が開幕したので、大相撲が終わっても寂しさが紛れるからありがたい。 超変革は黒星からのスタート。でもワクワクしてます。 恵比寿丸さんの四股名を聞くと、がんばれゴエモンを思い出します。 三段目。 大阪場所は、お子様の声援が多い。 特に日馬富士への声援が多い気がしますな{%ウマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の珍事

稀勢の里の変化に対して、 「あのキセが・・・ショックっ!」と嘆くほど青くはないし。 「よくやった!」と達観できるほど大人でもない。 それでも、今場所の稀勢の里は落ち着いている。 そのようです。 今日の表情には不敵ささえあった。 相手がよく見えていたにせよ、色々言いたかったことが今日の相撲に集約され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニャオス

猫だましは舞の海さんのものだそうですヨ。 11月がスゴイ速さで過ぎていく。 光陰矢のごとし。   九州場所も気づけば終盤。 けっぱれ日馬 どうにか1敗で。 鶴竜あらら。 稀勢もあらら。ラジオの勝昭も言葉がない模様でした。 今日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重責とは

鶴竜の相撲人生。 迷いなく、鶴竜らしい相撲を取りきった日も確かにあったからね。 一人横綱、横綱9場所目。 どうしても優勝したいという気持ちがあったのだろうし。 途中から左肩の痛みもあったというし。 来場所以降、この優勝を自信に変えて、力強い相撲をたくさん見せて欲しいと思います。 シャケ戦に次い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよなら連休。 “嘉風旋風”、“技のデパートモンゴル支店”が、なんだか耳に残ってます。 稀勢の言うデレデレとは一体… 鶴竜の注文相撲にがっかりの11日目。 負けた翌日、弱気になって変化する癖がまた出てしまいました。 先場所負けてる相手だけに迷っちゃったのでしょうが、これは見るたびにホント残念…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白鵬休場で優勝のチャンス拡大☆ 喜ぶべき状況のはずが、なんか寂しい。 いたらいたで憎たらしいんだけども。 やっぱ白鵬破って優勝じゃないとね。 白鵬がいない場所なんて、なんか不思議だ。 チャンスなのに、わんわん負けちゃったしなぁ。 でもまだこれからヨ! 栃煌山は優勝を意識し出す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

march

日本の長い歴史と共にある、大相撲の歴史。 今、そこに身を置いている力士、関取らの名前もまた、この先の未来に長く刻まれ、貴ばれていくことになるんだろうなと…、今日は気の遠くなるようなことを考えていました。 受け継いで、伝えていくという流れの中に生きている。 その使命を存分に果たそうとしている姿を、最後まで目に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むとす

筋肉隆々の上にうっすら脂肪。 よく考えたら、力士の肉体は一体どうやって作り上げているのだろう。 と、豪風のブログを読んでふと思ったのでありました。 「まだまだこれから!」と当人が言っているのに、勝手に「大丈夫かしら?」という思いが先に発ってしまう。 このマイナス的思考をどうにかしたいものです。 力強く、自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨明け

栃煌山がいい。 いいぞいいぞ。 でも鶴竜負けちゃったのはよくないけど。残念完敗。 栃煌山は、あのユラユラする立ち合いをやめたのが功を奏してるのか。 明日の横綱戦もガンバレバンガレ! 「もっとかかって来い!」という思いが込もってたんだろうけど。 二度の右アッパー。 変わらないあの懸賞の受け取り方も。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は晴天。 明日は台風。 熱中症対策。 体に水分を溜め込むには、やはり筋肉をつけることらしい。特に下半身。 ガッテン情報。 熱中症のなりやすさには、体格はあまり関係ないとのこと。 年齢はある程度関係あるだろうけど、一番重要なのは筋肉量。 筋肉が体の水分タンクだということ。 スクワットとたんぱ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の春、靖国神社の奉納相撲にて。 個人的に桜は苦手なのだが、思わずカメラを向けていた。 自己満足ながら、いい写真が撮れたなぁと話していたのを思い出す。 初場所の天覧相撲の日。 どすこいFMの解説で、来場所からは審判部所属になるので解説はしばらくお別れと言っていた。 あの興味深い解説が聞けなくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いせがはまーず

関取五人衆☆ 後ろに師匠もいるのです。 日馬富士が本当にかっこよかったこと 夏場所終わりました。 先場所に引き続き、千秋楽結びの一番。 照ノ富士のために精一杯の相撲を取る姿に感動。 涙々でした。 あの一瞬の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開花

九重さんの言う通り、稀勢の里は「どこ見てるんだ!」という立ち合いの内容でしたが。 相手をよく見ずに突進していく姿に、昔の千代大海を思い出したのは小生だけでしょうか。 白鵬は相手をよく見ての変化なのか、咄嗟の反応だったのかは置いといて。 横綱はやはり強かであるなぁと感じた14日目でした。 照ノ富士、白鵬と星…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春場所

わんわん休場は寂しい。肩大丈夫かいな。 日馬、3日目に土。早いなぁ… ブルージャンパーのFOMAが花道奥にチラチラ。ちょっぴり寂しい今日この頃。 若の里先生900勝おめでとうございます今日で早速901勝目。 それから3月14日、いよいよ北陸新幹線"輝"開通ということで。今日は幕内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狛兎

出雲大社の中に小さな神社がありました。 まだ真新しい感じ。 その名も、野見宿禰神社です。 狛犬ならぬ狛兎! (しかも可愛い廻しを巻いているー) こっちのうさぎの方がふてぶてしい顔をしてますな 野見宿禰といえば、若の里先生の相撲寺子屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

33

ひよちゃん焼き(クリーム味)カワユです。 白鵬、大鵬超え33回目の優勝おめでとうございます。 キセ頑張ったけどな。 13日目で優勝が決まってしまったので、あと2日どうしよう。 鶴竜-日馬富士の横綱相撲。 勝敗はともかく、見応えがありました。 数日前、勝昭が日馬富士のことを「もう、真っ向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

416 never

怪我をして番付が落ちていくというのは、空しいし、寂しいしつらい。 と、尾車さんが言っていました。 初場所六日目。 豊真将関が引退。 応援してきた力士が怪我で土俵を去るのは、ファンとしても本当に寂しいものです。 何より本人が一番悔しいでしょうし、引退会見での涙はまだ気持ちの整理がついていないのかなという印象を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more