テーマ:日記

笑門

おしゃべり度でいうと、天ちゃん>豪風なのだろうか。 笑えない時だってあるじゃないか。 稀勢の里、顔戻っとるがな。 な、初場所。 口角下がり率80%。 「笑えよ。」のホラ吹きお坊ちゃまが、車いすで漫才されていてちょっぴりショックを受けたお正月でした。 久々に見たもんだから。月日が流れているこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現職初かどうかはおいといて。 アメリカの大統領が広島に来るより前に、真珠湾は訪れるべきだと思うのですが。 もっと言うなら、現首相より前の人たちも。行ってないことに驚き。 オバマさんよく先に来たもんだと思いました。。 そんなことは、 久々のブログでぜひとも書きたいことではないのですが。 今日だったから仕方な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2→1

カープの優勝はどうでもいい。 だからといって、阪神がこんなにも敗けていいわけがない。 複雑な胸中。人生は複雑だ。 いや、違う。 単純に、カープが強いことへの僻みでは? この歪みきった性格は一生治らない。 いつか阪神も今のカープみたいなチームになりますように。 2年後くらいに。そこは純粋に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にゃんこーず

ネコ ↓ 小鳥 ↓ セミ ↓ 鳩 ↓ 朝! 明けない夜はないのだから。 虎がネコのようだと解説者に言われるようになり、敗戦明けの月曜の朝は辛いです。 新井さんは絶好調で何よりです。 バントはピシッと決めないとね。できれば牽制もね。 点取れない時だからこそ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

傘の下#2

謝るべき相手は、もうこの世にいない。 それは、双方同じこと。 いつだって被害を被った側の記憶はより鮮明であって、 一生忘れることはない。 けれども、人の一生というものは永遠には続かない。 永遠に続かないからこそ、救われることもなる。 憎しみや悲しみを抱え続けるのは苦しい。 過去を許すこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストレート

稀勢の里の優勝より前に涙がこぼれてしまったり。 甲子園、 リンドバーグからの、 9回の藤川。 連投は難しいのだろうが。 とりあえず、今夜は感動でした。 あの甲子園の雰囲気が、なんだかとても懐かしかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

断捨離

大事にしてるものほど壊れてしまうのよね。 そう思ってるのは自分だけではないようで。 じゃあ、ものを持たなきゃいいんじゃないのか。 生きていくのに最低限のものさえあれば。 そういうの何て言うんでしたっけ。 ミニマリストでしたっけ。 昨日聞いたばっかりなのに。 あとは、そこまで大事に思う気持ちを捨てれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なくて

「あぁ、俺(おで)今うまくいってんだな。」 たぶんそんな感じのことを言っていた。 その言葉が今でも印象に残っています。 人生や住む世界が変わっても、長いこと染み付いた変な癖みたいなものは、これから先も自分の中に残り続けて、変わらず自分を苦しめるのだろうか。 たぶん、大多数の人が、密かにどうしようもない自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健賢善

現役引退ラッシュが続く今年のプロ野球の中でも、関本の引退が一番ズシンときました。 あと、オリックスの平野も。 昨日のヤクルト戦。 最後まで、まさに手に汗握る戦いでした。 まさに字のごとく。 見てる方も緊張で、手がお風呂に入った後みたいにふやけてました。 試合はサヨナラ負けで、ヤクルトの優勝を見ることに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウル虎

スーパームーンにお願い○ 阪神が日本一になれますように☆ミ …という大きな夢はさておき。 まずはCS進出(できれば2位で)! あとエース・晋ちゃんに最多勝を。 和田監督、血圧大丈夫かいな。 監督の体調とチームの勝利を願って。 なむなむ!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重責とは

鶴竜の相撲人生。 迷いなく、鶴竜らしい相撲を取りきった日も確かにあったからね。 一人横綱、横綱9場所目。 どうしても優勝したいという気持ちがあったのだろうし。 途中から左肩の痛みもあったというし。 来場所以降、この優勝を自信に変えて、力強い相撲をたくさん見せて欲しいと思います。 シャケ戦に次い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひと手間

紅茶かコーヒーかと聞かれると、迷わず紅茶と答える自分ですが。 紅茶の香りや茶葉の産地にこだわるように、お味噌というものにこだわってみたらどうだろうと、近頃ある本をきっかけに考え始めたのでした。 季節によって赤味噌、白味噌の配合を微妙に変えてブレンドしてみるとか。 お味噌の産地にこだわってみるとか。 もしか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白鵬休場で優勝のチャンス拡大☆ 喜ぶべき状況のはずが、なんか寂しい。 いたらいたで憎たらしいんだけども。 やっぱ白鵬破って優勝じゃないとね。 白鵬がいない場所なんて、なんか不思議だ。 チャンスなのに、わんわん負けちゃったしなぁ。 でもまだこれからヨ! 栃煌山は優勝を意識し出す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然

明日(もう明けて今日)から相撲が始まるのが、何よりうれしい。 でも日馬富士休場は悲しい。肘…( ´△`) 若の里と旭天鵬のブルージャンパー姿に少しの寂しさを感じつつ。 いよいよあみたん幕内最年長。 明日の対カープ戦はマエケン。 まだまだ厳しい戦いが続く。 でも首位は渡さん! 最近、高代コーチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高積雲

突然の気温低下。 唐突に秋襲来。 頭痛に歯痛、etc... くれぐれもお身体ご自愛やで。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貴重

打てるキャッチャーとは。 梅ちゃんFight! 今年はキャッチャーの表情が印象に残った高校野球。 特別、キャッチャーがTVによく映っていたわけではないんだろうけど。 これは年のせいなのか。 試合の統率者。 本塁を守る。盗塁を刺す。 ピンチにどっしり構える姿や。 時に、1年生ピッチャーをリードす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回想

お盆ですね 小学生のある時。 クラスで、一人ひとりの意地を懸けた、"誰の鉛筆が一番短いか競争"が巻き起こったことがありました。 それまではみんな、ある程度鉛筆が短くなると、すぐにゴミ箱に捨ててしまって新しい鉛筆を使っていたんだと思います。 それを先生が見かねて、「鉛筆を最後まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風物

明徳の名将、馬淵監督の姿を見て、今年も8月の到来を知る。 町は開発の最中でも、駅を下りると早実の応援幕。 えんじカラー。 故郷の他に応援したい高校がまた一つ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

counterpart

気力と体力 ケチャップとマスタード イチゴにミルク パンにはバター
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2.5

中日戦、巨人戦と負けが込んでるけど、今年の初花火。 綺麗でした。 地方球場 野球少年と父親の親子もいいけれど、かつて野球少年だったのかもしれない壮年と老年の親子の姿も、ついつい眺めてしまう、醸し出す何かがあります。 ボールが飛ぶ度に立ち上がって行方を追ったり、帰り際、野球…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No Day But Today

6月4日、(念願の!)イディナ・メンゼルWorld Tourに行って来ました。 イディナおねえたまが日本に!JAPANに! もうこれで今年はいい年だったと思えるほど、本当に素晴らしいライヴでした。 胸に、心に、頭(脳天)に、魂に響くパワフルなパフォーマンス。 堪能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

醍醐味

愛読ブログはつば九郎です。でへへ。 立花隆は今でも野球に興味はないのだろうか。 もしそうなら、6日の阪神-中日戦見せてあげたい(←余計過ぎるお世話) と、思うほど劇的な試合でした。大興奮、阪神ファンにとっては大変気分良くGWを締めくくることができました。 あんな結末があるんだのぅ。 HRそして、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏

真昼はもう夏並みの暑さでも、夜にはまだ春を感じられるこの季節。 そんなGW☆ 大病や大災害のニュースに触れて。 進行してしまった病や、自然の脅威の中では、人は無力であることを思い知る。 それを知った上で、当たり前過ぎて普段、気にも止めていない自分の健康状態や、自然の恩恵に対して、改めてありがたいなと感じる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おみやげ話

夜中にやってる胃腸薬のCMを見ながら、こんな時間まで不規則な生活をしているから、胃腸の調子も悪くなるのだろうと思っていた学生時代。胃腸が弱い日本人代表。 夜中のTVといえば、NHKで一日のTV放送の始まりと終わりに(たまに?)流れる国歌と日の丸の映像。 あの日本国旗は、実は出雲大社で掲揚されているのものだったということを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狛兎

出雲大社の中に小さな神社がありました。 まだ真新しい感じ。 その名も、野見宿禰神社です。 狛犬ならぬ狛兎! (しかも可愛い廻しを巻いているー) こっちのうさぎの方がふてぶてしい顔をしてますな 野見宿禰といえば、若の里先生の相撲寺子屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイコロ

出雲大社といえば、どうでしょうのサイコロの旅を思い出したので← 出雲に行く前に、スーパーで明治のサイコロキャラメルを買って行こうかなと思ったのですが。 まさかの売ってない… スーパーを3軒回ったけど、これがない。 森永はあるのに、明治はない! ボンタンアメはあるのに、紅白のサイコロはない! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出雲詣で

出雲大社からのsunburst 1月の休みに島根に行ってきたので、久々の旅日記です 島根といえば、錦織選手! 最後の6-1からの粘りのプレー、素晴らしかったですね もっと見ていたかったなぁ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末つれづれ

羽田の朝っ(牧場の朝風に) 全日本で小塚坊やが会心の滑りを見せたので、この時期、お母さんの機嫌がいつになくよくて驚く← あのガッツポーズ、そして信夫先生。シビレました。 いつの間にか、小塚くんがジャパンを引っ張る立場になったのですね。感慨深い。 競技会で大ちゃんのあの濃ゆい演技…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天際まで

極暖をいつおろそうか。 月が奇麗だわいな◯ 明け方だったのに背景が闇なのはなぜだろう。 月食の時に比べると今日の月は幾分、縁がボコってたような。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more